WindowsにおいてTREZORアップデート後に本体が認識されなくなる問題の対処方法

Windows OS をお使いの場合、TREZOR の本体ファームウェアを v.1.40 以上にアップデートを行うと本体がコンピュータから認識されなくなる不具合が確認されているようです。

この不具合は TREZOR 公式でも認識されており、こちらのページで対処方法が記載せれております(英語)。以下、こちらのページを日本語訳したものを記載します。


Windows OS: ファームウェアを 1.4.0 以上にアップグレードした際に、TREZOR Wallet が TREZOR を認識しない

ファームウェア更新後にシステムがデバイスを認識しない場合には、デバイスマネージャを開き、ドライバを強制アップデートする必要があります。これは FIDO が実装されたため、Windows が TREZOR を新しいデバイスだと認識してしまい、ドライバーが自動的に更新されないことがあるためです。

以下にお使いのシステムごとに「デバイスマネージャ」をどのように開き、必要なドライバをどのように更新すればよいかの手順を示します。TREZOR は通常「USB 互換デバイス」としてデバイスマネージャに表示されます。

  1. Win + R ボタンを押し、コマンドラインを開きます
  2. devmgmt.msc と入力し、エンターキーを押してください
  3. すると、デバイスマネージャのウィンドウが現れます
  4. 「その他のデバイス」を探し、右クリックしてください
  5. 「ドライバの更新」を選択してください

Windows 8 および Windows 10:

  1. Win + X ボタンを押し、コマンドラインを開きます
  2. devmgmt.msc と入力し、エンターキーを押してください
  3. すると、デバイスマネージャのウィンドウが現れます
  4. 「その他のデバイス」を探し、右クリックしてください
  5. 「ドライバの更新」を選択してください

稀にこれだけでは解決できない場合があります。その場合には以下の手順に従ってください。

  1. コントロールパネル ⇨ すべてのアイテム ⇨ デバイスとプリンタ を開いてください
  2. 該当するアイコンをクリックし、「トラブルシューティング」というメッセージが表示されていることを確認してください
  3. トラブルシューティングを実行してください
  4. コンピュータを再起動します

以上になります。
これでも解決しない場合には、お気軽にサポートまでお問い合わせください。
(※ただし、個別のサポートはコインギフトでご購入いただいた方のみとなります)

最新版TREZOR(ブートローダ v1.3.0)におけるバグと対処法

こんにちは。こんばんは。コインギフト代表の日向です。

現在コインギフトで好評発売中のビットコインハードウェアウォレット「TREZOR」ですが、最新版の製品にインストールされているブートローダ(1.3.0)にはバグがあり、正しくファームウェアアップデート(ブートローダ)モードに入れないという現象が発生しているようです。

この件については Reddit にて議論がなされており、以下のような回避策が提案されています(日本語訳)。

(この問題はブートローダモードに入ろうとした場合にのみ発生します。通常の利用では問題はありません。)

TREZOR ブートローダ v1.3.0 には軽微なバグがあり、本来必要とされるよりも長い間端末のボタンを押し続けると正常に認識されません。この問題はブートローダモードに入る際に短い時間のみボタンを押す(クリックする)ことで解決できます。


編集済み:ステップ・バイ・ステップガイド

TREZOR のブートローダモードでの起動の仕方 (v1.3.0)

  1. https://wallet.trezor.io を開く。(訳注:最新の URL に変更しました)
  2. マイクロ USB を TREZOR に接続する。(訳注:この時点では PC 側の USB-A 端子は未接続のままとします)
  3. USB-A をお使いのコンピュータのポートに差し込む準備をする。
  4. USB-A 端子をコンピュータに接続するのと同時に、TREZOR の両方のボタンを短く押す(クリックする)。
  5. これで端末はブートローダモードに入り、コンピュータは認識を行う。
  6. もしもコンピュータが TREZOR を認識しなかった場合には、もう一度やり直す。タイミングが重要。
  7. Windows ユーザの方は、TREZOR が認識しない場合にはデバイスマネージャも確認すること。

自分でも試してみましたが、タイミングがシビアで一発では難しいですが、何回か試しているうちに正しく認識させることができました。コツとしては、ケーブルの挿入とボタン押下を同時にした瞬間にボタンを離す、といった感じでしょうか?

販売元でこの問題はいつ修正されるのか、そもそも修正される予定はあるのかなどの連絡はまだ受けていませんが、通常の利用方法では問題ありませんし、ファームウェアアップデートをするのはせいぜい数カ月に一回程度だと思いますので、上記の方法でアップデートしていただいて引き続きご利用いただければと思います。

 

P.S.

KeepKey の予約販売を行っています。来週(2017年2月の一周目)くらいには入荷できそうなので、早めに手に入れたい方はいまのうちにどうぞ!

ご購入はこちらから!